ニュース
» 2018年06月20日 10時00分 公開

情シス不足の中堅中小企業に効く、RPA導入のポイント(4/4 ページ)

[土肥正弘,ドキュメント工房]
前のページへ 1|2|3|4       

RPAの今後のトレンド

 最後に若尾氏はRPAの今後のトレンドを話した。RPAの発展段階は3段階で表現されることが多い。同氏も、現段階の定型業務を自動化する「Class 1」のRPAから、やがて一部の非定型業務を自動化できる「Class 2」のRPAが増え、やがてAIによって自律的に業務を遂行できる「Class 3」に発展するという一般的な予想を示した。

 同氏は「現時点でAIは、人が言ったことを理解して、動作する仕組みだ。また、認知するだけ、記憶するだけ、学習するだけという単機能のものが非常に多い」とした上で、今は、特化した各機能をうまく利用し、業務に適用することがポイントになると話す。

 AI機能の活用を前提にすると、RPAの対象領域は、ホワイトカラーのバックオフィス業務だけでなく、製造業の生産設備、EC・配車システムなどの物流業、顧客対応システムなどの流通業のコアな業務領域にも広がる。あらゆる業界でRPAは使える可能性があると若尾氏は締め括った。

拡大するRPAの適用範囲 図6 拡大するRPAの適用範囲
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。