特集
» 2018年05月31日 10時00分 公開

標的型攻撃への対策状況(2018年)/後編IT担当者300人に聞きました(2/2 ページ)

[キーマンズネット]
前のページへ 1|2       

IT導入による標的型攻撃対策、「UTM」や「SIEM」に注目が集まる

 それでは「システムによるインフラ整備」の面ではどうだろうか。何らかのIT製品を導入する形で標的型攻撃対策を行っている企業は全体の約7割で、その企業に具体的な製品群を聞いたところ6項目で半数を超える結果となった。1位は「ウイルス対策」で88.5%、2位は「ファイアウォール」で84.0%、3位は「メールフィルタリング」で65.6%、4位は「Webフィルタリング」で62.6%、5位は「通信暗号化(VPNなど)」で53.4%、6位は「認証/シングルサインオン」で51.9%と続いた(図3-1)。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。