特集
» 2018年05月24日 10時00分 公開

標的型攻撃への対策状況(2018年)/前編IT担当者300人に聞きました(2/2 ページ)

[キーマンズネット]
前のページへ 1|2       

標的型攻撃を受けたかどうか「分からない」企業が全体の7割にも及ぶ結果に

 次に、不特定多数を狙ったサイバー攻撃ではなく特に自社(情報資産を含む)を狙ったサイバー攻撃(標的型攻撃)を受けたことがあるかどうかを「セキュリティ被害に遭ったことがある」と回答した方に聞いた。その結果「攻撃を受けたことはあるが、自社を狙ったかどうかは分からない」43.6%、「分からない」25.6%、「自社を狙った攻撃を受けた」16.7%、「自社を狙った攻撃を受けたことはない」14.1%と続いた(図2)。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。