ニュース
» 2018年04月27日 10時00分 公開

イベントレポートアーカイブ:「隣の部署のデキる人材」を逃さない人材シェアリングとは? (1/3)

求めていた人材は、実は隣の部署にいた。情報連携のない従来型の人材調達ではよくあることだ。人材不足の今、それでは求める人材をなかなか獲得できない。そんな人材調達を効率化する人材シェアリングとは。

[岡垣智之,キーマンズネット]

 早急な人材採用、人材調達が求められるなか、現在、企業の人材調達はどのように行われているだろう。各部署や事業部単位で個別に必要な人材を募集しているため、非効率的な人材調達に多くの時間を費やしているのではないだろうか。特に、昨今では、派遣社員など外部労働力を活用する際は、改正労働派遣法などの各種法令にも気を配る必要があり、契約管理の徹底も厳しく求められるため、管理部門も負担が大きい。

 このような背景を受け、SAPジャパンは、人財シェアリングプラットフォーム「SAP Fieldglass」を日本市場向けに提供を開始した。SAP Fieldglassは、人材調達からリソース管理、契約管理までのフローを一括してサポートし、現場の人材雇用に関わる問題を解消するソリューションだ。クラウド型で提供されているため、部門や拠点をまたいでも情報を一元的に管理できる。リソース管理の対象には、自社社員に限らず、部門単位で雇用する派遣社員やフリーランスも含まれる。

 SAP Fieldglassの日本展開により、これから国内企業の人材活用と人材調達はどう変わるのだろうか。

人材シェアリングプラットフォームにより、人材情報を可視化できる 人材シェアリングプラットフォームにより、人材情報を可視化できる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。