連載
» 2018年04月25日 10時00分 公開

事例で学ぶ!業務改善のヒント:取り扱い品目2万超の試薬メーカーが経験した初めてのERP導入、失敗と次の挑戦 (2/2)

[原田美穂,キーマンズネット]
前のページへ 1|2       

世界的に知られるツールとともに海外進出、従業員の自尊心にも

東京化成工業 社長/CEO 浅川 誠一郎氏

 有機化学で扱う材料の中には、品質が変化しやすく保管が難しいものも少なくない。製品も同様に、量産して保管しても変質してしまうものもある。同社の場合は2万品目以上の取り扱い製品があるため、ぞれぞれの品目ごとに、適切なタイミングで材料を調達しなければならない。

 原材料も加工工程も、利用する機材も品目ごとに異なるとなると生産工程の計画最適化一つを取っても複雑な調整が必要だ。これに、サプライチェーン最適化の課題も加わる。ロスを最小化するには調達計画や在庫最適化などの計画も、実際の需要や生産状況を加味して迅速に調整しなければならない。品質を維持して需要に合わせてロスなく生産するには、厳密な計画と管理が必須だ。

 このとき必要になるのは、最新の情報だ。統合ERP製品の強みは、事業を支える多数の部門の多様な行程や、おのおのの複雑な制約条件を加えた情報を、数量の視点でも、財務の視点でも一元的に把握できるところにある。

 「ERP導入後は、生産遅れや出荷遅れが改善し、在庫の管理精度も高まった」(浅川氏)

 現在では海外の拠点でも同じ仕組みを展開、情報連携を効率化してガバナンスの効いた経営環境が整った。海外の売上比率も高まっており、グローバル企業として着実な成長を遂げている。

 導入当初は「世界的に知られる業務システムを使っている、ということそのものが社員の自尊心につながり、より良く使おうという姿勢が見られるようになった」という。

なぜ失敗? 社長が振り返る

 ERP導入プロジェクトとグローバル展開は、多くの面で効果を上げたが、全てが順風満帆というわけではなかった。その理由はどこにあるのだろうか。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。