特集
» 2018年04月05日 10時00分 公開

DXを追い風に成長するパブリッククラウド、市場規模は?

デジタルトランスフォーメーションへの期待がパブリッククラウドサービス市場の成長を後押ししている。2022年の市場規模は2017年の約2.8倍になると予測される。

[キーマンズネット]

 「Lift & Shift(リフトアンドシフト)」というキーワードを耳にするようになった。今後も使い続けなければならないが改修を求められる既存システムに対するリプレースの考え方の1つだ。

 まずは、何かと制約の多いオンプレミス環境にあるシステムに対して、可能な限り変更を加えずにパブリッククラウド環境へと移行(リフト)し、その後、柔軟に新しいものへと変えていく(シフト)というアプローチだ。

 このような背景もあり、国内のパブリッククラウドサービス市場は高い成長を示している。

パブリッククラウドの市場成長予測 国内パブリッククラウドサービス市場 売上額予測、2017年〜2022年(出典:IDC Japan)

ITシステムに求められる高い拡張性と短いリリースサイクル

 IDC Japanの調査によれば、2017年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比29.8%増の5016億円に達した。特にIaaSの成長が大きく、これまで普及していたSaaSの市場規模を超え、最大のセグメントとなった。

 とりわけ企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)への期待がパブリッククラウドサービス市場の成長を後押しする。DXがITシステムに対して高い拡張性、柔軟性、連携性や短いサイクルでのリリースを求めるからだ。

 また、AIやコグニティブ、IoTプラットフォーム、APIエコノミーといったキーワードに対する注目度も高まっている。特にこれらへの対応をうたうPaaSの発展が、今後のパブリッククラウドサービス市場の発展に大きな貢献を果たすものとみられる。

 IDC Japanは、2017年〜2022年までの5年間で、同市場の年間平均成長率(CAGR)は22.9%で推移し、2022年の市場規模は2017年の2.8倍となる1兆4065円になると予測する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。