特集
» 2018年01月30日 10時00分 公開

企業向けストレージ市場、クラウド化の影響は?

クラウド化の流れはストレージ業界にも大きな影響を与えている。2017年の国内企業向けストレージシステム市場規模は前年比2.3%減の2988億2800万円と見込まれる。

[キーマンズネット]

 IT市場におけるクラウド化の流れはストレージ業界にも大きな影響を与えている。IDC Japanの分析によれば、2017年の国内企業向けストレージシステム市場規模は前年比2.3%減の2988億2800万円と見込まれ、2年連続のマイナス成長だ。

2021年、ストレージ支出額が最も多い業界は?

 2017年の市場規模が落ち込んだ要因は、主に官公庁や自治体における支出減が大きい。一方で、同社では、2016年から2021年の年間平均成長率(CAGR)を0.2%とし、2021年の市場規模は3084億1700万円になると予測する。

 2021年における主要な産業分野を支出額順に並べると、「金融」「製造」「情報サービス」「通信/メディア」「官公庁/自治体」となる。同社によると、官公庁/自治体は支出抑制により順位を下げた。

 一方で、情報サービスが順位を上げている。この背景には情報サービスにはクラウドサービス事業者が属していることが挙げられる。他の産業分野におけるストレージ需要がさらにクラウドへとシフトした結果、情報サービスにおける支出が増加するわけだ。

 なお、同社では、「支出が増加する情報サービスにおいても、規模の経済を追求するた外付型からODM Directやサーバ内蔵型へのシフトが進むと考えられる」としている。

2021年における産業分野別支出額予測 国内エンタープライズストレージシステム市場 産業分野別 支出額予測、2021年(出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。