特集
» 2018年01月09日 10時00分 公開

企業向けITインフラの市場規模は? キーワードは「DX」

サーバやストレージ、データセンター向けネットワークといったITインフラはDX推進を支えるための基盤ともいえる。2017年の市場規模はおよそ7213億円だった。

[キーマンズネット]

 2017年は、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」というキーワードが、ITベンダーや調査会社から打ち出されるようになった。端的にいえば、デジタル化されていない業務領域をIT化することで新規需要を創出するものだ。サーバやストレージ、データセンター向けネットワークといったエンタープライズインフラストラクチャは、DX推進を支えるための基盤ともいえる。IDC Japanの調査によれば、2017年の市場規模はおよそ7213億円だった。

企業向けITインフラの市場規模 国内エンタープライズインフラストラクチャ市場 支出額予測、2016年〜2021年(出典:IDC Japan)

DX推進で非クラウド型インフラはマイナス成長

 2017年における国内のエンタープライズインフラストラクチャ市場は7213億900万円で、前年比0.9%減と予測される。2016年から2021年までの5年間の年間平均成長率(CAGR)はマイナス0.8%で、2021年の市場規模は6987億7300万円になるだろう。

 ただし、マイナス成長となるのは旧来型(IDC Japanでは「非クラウド型配置モデル」と呼称)のインフラであり、クラウドインフラへの投資は増える傾向にある。2017年におけるクラウドインフラの市場規模は1974億4800万円で、前年比16.2%の成長だった。5年間の年間平均成長率でみても7.4%と拡大が見込まれており、2021年には2431億600万円まで伸びる。主な要因には、ビッグデータやIoT、コグニティブといった新しいITを活用した新規ビジネスの創出が挙げられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。