ニュース
» 2017年12月14日 10時00分 公開

RPA活用で20人×10日の作業が1日に、離職率も低下……3つの先進的な導入事例(4/4 ページ)

[溝田萌里,キーマンズネット]
前のページへ 1|2|3|4       

導入企業の96%が5割以上の業務工数削減

 同社では、実際に導入した企業の状況も調査した。その結果、「RPAの業務削減効果は高く、また短期間での導入が増えている」ことが分かったとしている。根拠として、96%の企業で5割以上の業務工数を削減したという結果が得られたことを強調(図8)。また、RPAの導入を1カ月以内に実現した企業は、前回調査の5割から約8割にまで増加したことも見逃せないポイントだと説明した(図9)。

 安部氏は、この状況について「具体的な導入事例が増えたことで、RPAの具体的な導入方法といった知見が広がっているため」と話す。

図8 RPA導入による業務削減効果 図8 RPA導入による業務削減効果
図9 RPAを導入するまでの期間 図9 RPAを導入するまでの期間

 さて、企業規模、業種に隔たりなく関心の裾野が広がっているRPAだが、導入の際にはさまざまな悩みも出るだろう。次回は、同社が説明した、RPA導入に際してありがちな悩みとその処方箋を紹介する。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。