特集
» 2017年12月04日 10時00分 公開

DeNAのRPA活用―運用は100%社内リソース

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

驚異の逆転劇で今シーズン日本シリーズ進出を果たしたプロ野球「横浜DeNAベイスターズ」を擁し、ゲームなど数多くの事業を展開している株式会社ディー・エヌ・エー(東京都渋谷区、以下DeNA)。1999年に創業、事業と社内業務の双方でIT活用の最先端を走り続ける同社は今年6月、ソフトウェアでPC上の定型業務を省力化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)のツール「Blue Prism」を導入。DeNAではロボットによる業務改革を本格化させている。新たなツールの活用をスピード感をもって進める同社の取り組みと、その狙いを取材した。

経営企画本部 企画統括部 IT戦略部 業務改革推進グループ グループマネージャー 大脇 智洋氏

RPAツールに「Blue Prism」を導入、運用は100%社内リソース

DeNAグループの社内システムを統括する「IT戦略部」は、経理や経営管理、法務、IRなどの主要なユーザ部門と同じ本社の「経営企画本部」内に置かれている。RPAの導入・運用に関しても、統括するのは経営企画本部の「IT戦略部」。事務作業の多い経営企画本部のユーザ部門と緊密に連携できる体制で、ロボットを活用した業務改革を推進している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。