特集
» 2017年11月16日 10時00分 公開

IT担当者300人に聞きました:ERPの導入状況(2017年)/前編 (1/2)

キーマンズネット会員174人にアンケート調査を実施した。ERPの導入状況や満足度など実態が明らかになった。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2017年9月28日〜10月12日にわたり、「ERPの導入および運用の課題」に関するアンケートを実施した(有効回答数174件)。回答者の内訳は、情報システム部門が42.5%、製造・生産部門が13.8%、経営・経営企画部門が9.2%、企画/販売促進・マーケティング・広報/IR部門が8.0%、営業・販売部門が5.2%、総務・人事部門が3.4%、財務・会計・経理部門が1.7%、資材・購買部門が0.6%、その他15.5%だった。

 前編では「導入状況」「導入形態」「満足度」などを2013年に行った同様の調査と比較する形で分析する。大企業を中心に過半数の企業でERPが導入、利用されていることや、利用中のERPに対して具体的に満足している点、不満に感じている点などが見てとれる結果となった。

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

ERPの主流はオンプレミス型からクラウド型に

 はじめに「ERPの導入状況」について尋ねたところ、「使っているがリプレースの予定はない」34.5%、「業務上、必要がない」18.4%、「Excelなどで代用しているので不要」15.5%、「必要性は感じているが導入予定はない」10.3%、「使っており、リプレースの予定がある」9.2%の順となった(図1-1)。

 まとめると「必要な機能だけ個別に利用している」も含めて過半数の50.6%が導入済み、11.5%が検討中、18.4%が「業務上、必要がない」と回答する結果となった。これを従業員別に見ると従業員規模が大きくなるにつれて「導入済み」の割合も大きくなっており、5001人以上の大企業においては69.4%と約7割の企業で導入済みであった。

 次にERPを「導入済み」と回答した人に「導入形態」を尋ねたところ、「オンプレミスで統合ERPパッケージソフトウェア」が62.5%と過半数で、続いて「オンプレミスで自社開発」26.1%、「SaaSなどのクラウドアプリケーション」12.5%、「パブリッククラウドを使ったIaaSやPaaS」10.2%となった(図1-2)。

ERPの利用状況・導入形態(2017年) 図1 ERPの利用状況・導入形態(2017年)

 これを大まかにまとめると、オンプレミス型が88.6%、クラウド型が22.7%となる。2013年11月に実施した同調査(「ERPの導入状況(2013年)」)では、「パッケージ型」76.0%、「自社開発」19.2%とオンプレミス型での導入が95.2%と大多数を占めており、反対に「プライベート型クラウドサービス」は1.9%、「ハイブリッド型クラウドサービス」「パブリック型クラウドサービス」はそれぞれ1.0%と、クラウド型ERPの利用は合計3.9%とごくわずかであった。

 これらの結果から、ここ4年間でクラウド型ERPの利用割合が約6倍と大きく伸びていることが分かった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。