ニュース
» 2017年11月13日 10時00分 公開

LTE対応「Surface Pro」と中小企業向け「Microsoft365 Business」の実力は? (1/4)

「Microsoft365」の中堅・中小企業向けラインがいよいよ「Microsoft365 Business」として投入される。どのような特徴があるのか、同時に紹介されたLTE-Advanced対応の「Microsoft Surface Pro」の詳細とともに紹介しよう。

[二瓶 朗,グラムワークス]

 日本マイクロソフトは中堅・中小企業の働き方改革を支援する統合ソリューション「Microsoft365 Business」の提供開始を11月1日に発表した。これと同時に同社のオリジナルデバイス「Microsoft Surface Pro」に、LTE-Advanced対応のSIMフリーモデル2機種を追加することも発表した。その模様をレポートしていこう。

中堅・中小企業の働き方改革を加速させる「Microsoft365 Business」

マリアナ カストロ氏 マリアナ カストロ氏

 政府の方針でもある「働き方改革」の波は、多くの企業に急速に広がっている。しかし日本における働き方改革をより促進するためには、国内に約380万社存在する中堅・中小企業こそが前向きに取り組む必要があると日本マイクロソフトは考えている。

 発表会に登壇した日本マイクロソフト執行役員常務 マーケティング&オペレーションズ部門担当のマリアナ・カストロ氏は「働き方改革は日本企業にとって重要であると同時に、ビジネスパーソンにとっても重要なこと。特に日本においては中小企業のビジネスパーソンを支援する必要がある」と強調した。そこで同社が提案するのが「Microsoft365 Business」である。


マイクロソフト調査 マイクロソフトが調査した日本におけるビジネスパーソンの状況の一部。アジア平均と比較すると、日本のビジネスパーソンは「高い生産性を発揮できている」の回答が約5分の1にとどまっており、「いつでもどこでも柔軟に働ける」の回答も非常に低い

 「Microsoft365」は、「Windows10」と「Office365」、さらに「Enterprise Mobility+Security(EMS)」を統合したソリューション。Microsoft365シリーズは既に、大企業向け「Microsoft365 Enterprise」、ビジネスの最前線で活動するワーカー(first-line worker)向け「Microsoft365 F1」、教育機関向け「Microsoft365 Education」が発表されているが、そこに中堅・中小企業向け「Microsoft365 Business」が加わった。これで、全てのラインアップが出そろったことになる。それぞれの特徴は割愛するが、ここでは今回発表された「Microsoft365 Business」について解説していく。

Microsoft365のラインアップ一覧 Microsoft365のラインアップ一覧

 Microsoft365 Businessは、シリーズ中でも特に中堅・中小企業向けにカスタマイズされており、次に紹介するアプリや機能で働き方改革をサポートする。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。