特集
» 2017年09月28日 10時00分 公開

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

人口減少が進む日本社会の救世主と期待を集める一方、暴走のリスクや、人間の仕事を奪うことへの懸念も残る「ロボット」と「人工知能(AI)」。第3次AIブームとされる今、こうしたテクノロジーと人間の関係を長く第一線で考察してきた研究者の目には、来たるべき未来がどのように映っているのだろうか。人工知能学会前会長で、自律移動型ロボットによるサッカー大会「ロボカップ」の創設者である、公立はこだて未来大学の松原仁副理事長に聞いた。

プロフィール

松原 仁(まつばら ひとし)

公立はこだて未来大学副理事長。工学博士。1986年に東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻博士課程を修了後、通産省工技院電子技術総合研究所(現・産業技術総合研究所)に入所。2000年に公立はこだて未来大学の教授に就任し、2016年より現職。人工知能、ゲーム情報学、観光情報学などを研究領域とし『コンピュータ将棋の進歩』『鉄腕アトムは実現できるか』『先を読む頭脳』『観光情報学入門』ほか著書多数。人工知能学会前会長、情報処理学会前理事、観光情報学会理事。カーシェアの普及を図る大学発ベンチャー「株式会社未来シェア」の社長も務める。


プロフィール

上松 恵理子(うえまつ えりこ):聞き手

武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部准教授。博士(教育学)。現在、東洋大学非常勤講師、「教育における情報通信(ICT)の利活用促進をめざす議員連盟」有識者アドバイザー、総務省プログラミング教育推進事業会議委員、早稲田大学招聘研究員、国際大学GLOCOM客員研究員なども務める。著書に『小学校にプログラミングがやってきた!超入門編』(三省堂)等。


第3次ブームで定着するAI

−「第3次」といわれる今回のAIブーム。長年AIをご研究なさっている立場から、どうご覧になっていますか。

僕はAIに30年以上関わっていますが、研究を始めた学生のころはちょうど、第2次AIブームが来る前という「冬の時代」。人工知能の授業もなければ日本語の参考書もないという中、こっそり手探りのようにして始めたんです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。