ニュース
» 2017年09月12日 10時00分 公開

3D地図でゴルフコースは俺のもの? IoT分野でも活用 (1/2)

NTTデータは8月31日、AW3Dの技術を使ったサービスの一環として「高精細3D都市データ」を9月1日より販売する。ゴルフ観戦にもこの技術が活用できる。

[溝田萌里,キーマンズネット]

 ゴルフの観戦が360度変わるかもしれない。ゴルフ観戦といえばテレビが主流。画面越しに観戦する従来の方法では、芝生の起伏や、ボールの軌跡をしっかりと捉えることができなかった。そうではなく、コース全体を鳥瞰(ちょうかん)する視点から、選手の位置や選手間のドライバー飛距離比較、成績表をリアルタイムに見ることができるようになった。

 これは、NTTデータが開発したARアプリケーションによって可能になる。図1、2は、全英オープンゴルフ(7月20日〜23日開催)の試合を再現した様子だ。ARヘッドセットをかけた者の眼下には、試合が行われたロイヤルバークデールゴルフクラブが広がり、スコアボード、プレイヤー情報、ボールの弾道データが表示される。

図1 全英オープンゴルフが行われたロイヤルバークデールゴルフクラブをAW3Dで再現 図1 全英オープンゴルフが行われたロイヤルバークデールゴルフクラブをAW3Dで再現
図2 選手の位置や、スコアボード表も表示 図2 選手の位置や、スコアボード表も表示

 具体的には、NTTデータ独自の技術「全世界デジタル3D地図提供サービス(以下、AW3D)」でゴルフコースを再現し、そこに拡張現実(AR)技術を掛け合わせることで実現しているという。

 「AW3Dを使うことによって、解像度が数十センチにまで上がっている」と話すのは、NTTデータ第一公共事業本部e-コミュニティー事業部課長 筒井健氏。8月31日の記者発表会では、AW3Dの技術を使ったサービスの一環として「高精細3D都市データ」を9月1日より販売すると発表し、その仕組みと活用シーンを紹介した。

図3 高精細3D都市データで示す、東京丸の内、皇居付近 図3 高精細3D都市データで示す、東京丸の内、皇居付近
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。