ニュース
» 2017年08月30日 10時00分 公開

イベントレポートアーカイブ:住友林業の泥臭いRPA活用ジャーニー、月額3万円で自動化ロボット貸し出し (1/3)

業務自動化ロボットRPAを導入している住友林業情報システムが、活用事例を余すところなく共有した。チーム「バックオフィス三銃士」の結成、全グループへのロボット販売。遊び心と工夫を忘れない同社の試みを紹介する。

[溝田萌里,キーマンズネット]

 2016年末から話題となったお仕事自動化ロボット「RPA(Robotic Process Automation)」現在では、人力でやらざるを得なかったバックオフィスの作業に嘆く企業の注目を集め、各社での導入も進んでいる。

成田裕一氏 住友林業情報システムICTビジネスサービス部シニアマネジャー 成田裕一氏

 住友林業情報システムもそうした企業の1つだ。同社がRPAに出会ったのは、ブームに先立つ2014年。ICTビジネスサービス部 シニアマネジャーの成田裕一氏は、ECサイトの説明会に赴いた際、RPAソリューション「Biz Robo!」のチラシに目がくぎ付けになった。業務を効率化するという面も去ることながら、「これは商売になる」と直感したという。

 住友林業情報システムでは、Biz Robo!のパイロット導入期間を含め、3年にわたるRPA活用の中で創意工夫を積み重ねてきた。グループ企業に対して、Biz Robo!で作成した自動化ロボットを販売するなどの試みもその1つ。また、同社の1部門ではRPAロボットを作成するチーム「ロボ・ラボ」、通称「バックオフィス三銃士」を結成し、1人が作業を1つ自動化するごとに、胸バッチに歯車のマークを付けるというこだわりもある。

図1 自動化ロボット制作を担当するバックオフィス三銃士 図1 自動化ロボット制作を担当するバックオフィス三銃士

 7月27日に開催された「RPA summit2017」では、住友林業情報システム ICTビジネスサービス部 シニアマネジャーの成田裕一氏が登壇、RPA導入の経緯や活用のためのポイントなどを余すところなく共有した。「泥臭いお話になるかもしれませんが」と成田氏が切り出した同社のRPA活用の道のりに注目したい。

RPAのおさらい

 RPAはソフトウェアとしてPC上で動作して、これまで人間が行ってきた作業を自動化する。自動化によって業務の効率性や利便性が高まるということに加え、RPAが大きく注目されるのは訳がある。

 1つ目は、これまでシステム化するには費用対効果が少ないと諦められていた、人事、経理財務、調達、営業事務などの作業の自動化が安価にできることだ。システム化には数千万円という費用がかかると想定されていた部分を数百万円にまで抑えられる点が注目を集めている。

 そして、2つ目は、プログラミングの知識がない業務部門でも自動化ロボットを作成できることだ。RPAは、対象業務のプロセスをシナリオ化することで、ロボットがその通り実行するという仕組み。ロボットを作成するとはそのシナリオを作ることを意味するが、その際プログラミングが必要ないことが大きなメリットだといわれる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。