特集
» 2017年07月03日 10時00分 公開

これさえあれば何でもできる、進化系グループウェア最前線IT導入完全ガイド(4/4 ページ)

[小池晃臣,タマク]
前のページへ 1|2|3|4       

グループウェアで豊富なアプリケーションを簡単に作成・共有

 日本企業の文化を取り入れながら進化を続けてきた国産グループウェアの代表格となるのが、サイボウズの中小企業向けグループウェア「サイボウズ Office」と、エンタープライズ(大企業向け)グループウェア「Garoon」だろう。双方ともワークスタイル変革のニーズを踏まえてスマートフォン専用シンクアプリケーション「サイボウズ KUNAI」が用意されている。

 サイボウズ Officeの特徴の1つに、カスタムアプリ機能の搭載がある。カスタムアプリは、人事への相談アプリや顧客台帳アプリ、日報アプリなど企業・部署のニーズに合わせて簡単に作成可能だ。

図6 カスタムアプリをより簡単につくることができるユーザーテンプレートが豊富に用意されている 図6 カスタムアプリをより簡単につくることができるユーザーテンプレートが豊富に用意されている(出典:サイボウズ)
図7 作成した商談進捗管理アプリの例 図7 作成した商談進捗(しんちょく)管理アプリの例(出典:サイボウズ)

 カスタムアプリは、クリック操作だけで誰でも簡単にアプリケーションを作ることができ、アプリケーションで溜めたデータを簡単に集計して可視化することも可能となっている。担当者ごとの進捗状況をひと目で把握できるステイタス管理や、他の機能とデータベースを連携させ、売り上げ情報などの表を掲示板などで簡単に共有することができる。

 またGaroonの場合は、同社のビジネスアプリ作成プラットフォームKintoneで作成した自社アプリケーションとの連携が可能だ。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。