ニュース
» 2017年06月08日 10時00分 公開

RPAブームに乗れている? システム化できない単純作業の救世主が現れた (1/3)

「RPA」とは、バックオフィスをはじめとする人間の業務を自動化する仕組みだ。NTTデータが語った昨今の動向や導入のポイント、同社の取り組みなどを紹介する。

[溝田萌里,キーマンズネット]

 「RPA」をご存じだろうか。最近では、英語3文字で表す用語が世の名にあふれかえり、英語3文字を見ただけでげんなりする方もいるだろう。しかし、本稿で説明するRPA(Robotic Process Automation)は、これからの時代を生きていく中でよけては通れない言葉かもしれない。

 RPAとは、一言でいうとバックオフィスをはじめとする人間の作業を自動化する仕組みのことである。何だ、特に目新しいものはないではないかと思うかもしれない。しかし、昨今の労働力不足や、海外の労働力の単価が高まったことによるオフショアの手詰まり、また労働環境の変化に左右されずに生産性を高めるという欲求などが相まって、人間の作業をシステムで自動化する「RPA」という概念が注目を集めており、その波が2016年の秋ごろから、日本にも押し寄せてきた。

 日本では現在、ITベンダーやSIerだけでなく、大手コンサルティングファームなどの企業がRPA事業に注力している。NTTデータもまたその1社だ。本稿では、このRPAについて、NTTデータが語った昨今の動向や導入のポイント、同社の取り組みなどを紹介する。

面倒なお仕事を自動化 RPA3つのメリット

 RPAは、これまで人間が行ってきた作業を人間に代わって自動化する。とはいえ、工場で動く機械式のロボットとは違い、ソフトウェアとしてPC上で動作して、企業で働く業務部門がこれまで担ってきた作業を代行する。人事、経理財務、調達、営業事務など、ERPでシステム化するには作業ボリュームが少なく、泣く泣く自動化には至らなかった作業をカバーできることが特徴だ。

 1つ例を紹介しよう。例えば、下の図はNTTデータが提供するRPA「WinActor」が、コールセンターに届いた顧客の問い合わせ内容を基に、従業員に対する工事作業の指示書を自動的に作成する例である(図1)。

図1 RPAで指示書作成を自動化 図1 RPAで指示書作成を自動化

 コールセンターから届いた問い合わせ内容を基に、RPAが顧客の名簿から受付番号、顧客の名前、住所、工事の希望日などの必要な情報を取り出して指示書に入力する。住所に関しては、地図ソフトを自動で起動し、住所を検索した後に、該当する地図を切り出して指示書に添付することも行う。

 このようなRPAを使うと何が良いのか。NTTデータは3つのメリットを強調した。1つは、人間に比べてスピードと生産性が向上することである。上記の例であれば、人間の約3倍の早さで作業が進む上、24時間稼働できるため生産性は手作業の約9倍だとNTTデータは話す。もちろん、ロボットが行うためミスは無い。

 2つ目のメリットは、プログラミングの知識が無い業務部門でも自らRPAを設定できることだ。以下は、RPAであるWinActor作業を行うためのシナリオを作成する様子である。画面右の住所管理システムで人間の手作業を記録し、それを画面左のシナリオに項目別に追加することで、フロー図のようなシナリオのひな型ができていく。こうしてできた業務フローになぞらえて、RPAが業務を再現する(図2)。

図2 RPAのシナリオ作成 図2 RPAのシナリオ作成

 3つ目のメリットは、システムを開発するよりも安価であることだ。内容にもよるが、通常、作業をシステム化するには数千万円ほどの費用がかかるため、費用対効果の薄い作業はシステム化から取り残される傾向があった。一方、NTTデータのWinActorの場合は、数百万から導入が可能であり、導入のハードルは低いとNTTデータは話す。

 同社によれば、さまざまなメリットがあるRPAであるが、導入の際には何がポイントとなるのだろうか。また、どのような導入事例があるのか。NTTデータの第二公共事業本部 第四公共事業部第二統括部RPAソリューション担当課長の中川拓也氏が語った。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。