連載
» 2017年05月30日 10時00分 公開

クラウド時代のOfficeスイート選定術:SaaS版とパッケージ版の「Microsoft Office」 比較して分かる4つの違いとは (1/2)

Microsoft OfficeとSaaS版のMicrosoft Officeは何が違うのか? Microsoft Officeの改版の歴史を振り返りつつ、SaaS版であるOffice 365 ProPlusの特徴を紹介する。

[廣瀬 晃,富士ソフト]

 長らくOfficeスイート市場は、Microsoftの「Microsoft Office」がデファクトスタンダードとなってきた。その勢力図がクラウドによって大きく変わろうとしている。本連載の第2回ではMicrosoft Officeの製品の違いという観点で、パッケージ版のMicrosoft OfficeとSaaS(Software as a Service)版のMicrosoft Officeの違いを中心に解説する。

Office 365は多様なデバイスでさまざまなソフトウェアが使える Office 365は多様なデバイスでさまざまなソフトウェアが使える

Microsoft Officeとは何なのか?

 本連載の第1回「世の中は『Microsoft Office』だけではない クラウドで変わるOfficeスイート勢力図」で解説した通り、現在でもOfficeスイート分野でMicrosoft Officeのシェアは大きい。 

 パッケージ版とSaaS版の違いを説明する前に、あらためてMicrosoft Officeの歴史を振り返っていく。

 Microsoft Officeは、会社の業務で必要となる文章作成ソフトウェアや表計算ソフトウェアなどのソフトウェアを1つにまとめたOfficeスイートだ。特に認知度が高いソフトウェアとして、ワープロ機能を持つ文章作成ソフトウェアの「Microsoft Word」や、表計算ソフトウェアの「Microsoft Excel」、提案書や発表資料を作成するプレゼンテーションソフトウェアの「Microsoft PowerPoint」、メールおよびスケジュール管理ソフトウェアの「Microsoft Outlook」などが挙げられる。

現在の主要なMicrosoft Office製品群

  • Microsoft Word
  • Microsoft Exce
  • Microsoft PowerPoint
  • Microsoft Outlook
  • Microsoft OneNote
  • Microsoft Access
  • Microsoft Publisher
  • Skype for Business

 Microsoft OfficeがOfficeスイートとして最初に登場したのは、1989年6月のこと。MicrosoftがAppleのOS「Macintosh」(Mac)向けパッケージ製品として提供した。日本語版のMicrosoft Officeを提供するようになったのは「Office for Windows 3.0」からだ。Microsoft Officeが日本で広く普及し始めたポイントとなるのは、同社のOS「Windows 95」のリリースである。当時のMicrosoft Officeである「Microsoft Office for Windows 95」をWindows 95のクライアントPCにバンドルして大量に供給したからだ。

 それ以降、Microsoft Officeは下記のように製品の改版(バージョンアップ)を重ねながら、各ソフトウェアの仕様や操作性などを統一し、機能の連係やデータの共有などを可能にしてきた。

Office for Windows 95以降のMicrosoft Office変遷 Office for Windows 95以降のMicrosoft Office変遷

 ここまでは“Microsoft Officeとは”という切り口で製品群の説明と製品の変遷について紹介した。続いて、Microsoft Officeを購入する際に問題の種になりがちな、ライセンスについて説明する。

パッケージ製品としてのMicrosoft Officeのライセンスを整理する

 Microsoft Officeの話をする場合、よく話題に上がるのがライセンス形態の複雑さだ。このライセンス形態の複雑さは、個人の利用や企業のOfficeスイート利用ニーズに応じてライセンスの提供形態をきめ細かく分けていった結果である。だが利用するユーザー企業には「複雑で分かりづらい」という印象を与えてしまっている。 

 Microsoft Officeのライセンス形態は、大きく下記の3つに分かれる。

OEMライセンス

 クライアントPC購入時にインストールされているライセンス。バンドル版(プリインストール版)とも呼ばれる

パッケージライセンス

 家電量販店やオンラインストアなどで購入するライセンス

ボリュームライセンス

 企業向けに提供されており正規代理店を通じて購入するライセンス。ボリュームライセンスの最上位版として、Microsoft Office製品群の全てのソフトウェアを使うことができる「Office Professional Plusシリーズ」がある

 基本的に企業は、Microsoft Officeをボリュームライセンスで購入している場合が多い。一方、従業員が自宅で利用しているMicrosoft OfficeはOEMライセンスかパッケージライセンスであることがほとんどだ。この3つのライセンス形態で提供されているMicrosoft Officeは、どれもデバイス単位でライセンス費用がかかる。つまり、クライアントPC1台当たり1ライセンスが必要なのである。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。