ニュース
» 2017年05月30日 10時00分 公開

社員のスキルを把握できているか? IT時代に見直したい3つのこと (1/2)

「今後5年間でテクノロジーの進展が仕事に与える変化をどう捉るか?」という質問に、日本人の32%が「脅威」と答えた。技術が発展し、労働をとりまく環境が変化していく中、企業や労働者何をすべきだろうか。

[溝田萌里,キーマンズネット]

 AIやロボティクスといった技術が発展し、労働をとりまく環境が変化していく中で、企業や労働者はどのように対応すべきだろうか。テクノロジーの進展を日々目にして、脅威を感じる人も多い。昨今では、「AIに仕事を奪われる」と危機感をあおる情報が出回り、戦々恐々とする方もいるだろう。

 とはいえ、この感情は世界のスタンダードではないようだ。アクセンチュアの調べでは、日本は世界に比べ、テクノロジーの変化に対してネガティブな反応を示す層がやや多い傾向にあるという。図1は、2016年11月から12月まで、日本人992人を含む、G20加盟国10カ国の労働者1万527人を対象に行った「雇用・働き方の未来」に関する意識調査の結果だ。

図1 テクノロジーの進歩に対する日本人の意識 図1 テクノロジーの進歩に対する日本人の意識

 「今後5年間でテクノロジーの進展が仕事に与える変化をどう捉えているか?」という質問に対して、日本人の32%が「脅威」と答えている。本稿では、こうした労働をとりまく日本人の意識とともに、昨今の労働環境の変化を確認する。加えて、日々起こる変化に対応しつつ、事業の生産性をいかに高めていくか、アクセンチュアの提言を見ていこう。

 「今後5年間でテクノロジーの進展が仕事に与える変化をどう捉えているか?」という質問に対して、日本人の32%が「脅威」と答えている。本稿では、こうした労働をとりまく日本人の意識とともに、昨今の労働環境の変化を確認する。加えて、日々起こる変化に対応しつつ、事業の生産性をいかに高めていくか、アクセンチュアの提言を見ていこう。

成長意欲は高いが、実行に移せない日本人

 AIなどの技術進歩を含め、日本の労働を取り巻く環境は刻々と変化している。とはいえ、どう変化に対応すべきか分かっている人は少ないのではないだろうか。アクセンチュアの調査結果によると、日本人は適材であり続けるための意欲が高いにもかかわらず、実行に移せない傾向にあることが明らかになっている。

 以下の図を見ると、「適材であり続けるために、日常的に新しいスキルを獲得することをどう捉えるか」という質問には、86%の人が「重要」と答えている(図2)。全体の平均から見れば低い数字にとどまっているが、少なくとも8割の日本人が成長意欲を持っていると分かる。一方で、「新たなスキルを学ぶために、今後半年の間、個人の時間を割ける状態になっているか」という質問には「なっていない」と回答する人が37%に上った(図3)。

図2 スキルアップへの意識調査 図2 スキルアップへの意識調査
図3 習得すべきスキルを分かっているか 図3 習得すべきスキルを分かっているか

 人材のマネジメントも難しくなっている。AIやロボティクスが自動化できる業務を代替するようになると、人間が行うべき業務の再分配が必要になる。それだけではなく、人口減少と高齢化の波によって1人が生涯の中で働く期間は伸び、企業や事業の寿命を追い越すようになった。そのため、1人が1つの企業にとどまらず、複数の企業で働くことが当たり前になりつつあり、人材の流動性は高まっている。また、働く人の価値観も多様化している。

 「職業人生が長期化し、価値観も多様化する中で、企業のかじ取りは難しくなってきている」とアクセンチュアの戦略コンサルティング本部マネジング・ディレクターの高砂哲男氏は語る。変化に対応しつつ、事業の生産性を高めるために何ができるのか。同社は、個人のスキル、付加価値を最大化するということを目標に3つの施策を提言している。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。