ニュース
» 2017年05月11日 10時00分 公開

「退職率が高く、採用コストが増加」を是正するには? HR Techのトレンド(1/2 ページ)

モノとカネを管理できる企業は多いが、ヒトの情報はどこまで管理できるのか。勘と経験を超えてヒトの能力を生かすHR Techのトレンドを取材した。

[キーマンズネット]

 2017年5月9日、日本オラクルは人材管理クラウドサービである「Oracle Human Capital Management(Oracle HCM)」のうち、学習・研修などの機能を担う「Oracle Learning Cloud」の国内での本格展開を開始するのに合わせ、「HRテクノロジーのグローバル最新動向に関する説明会」を開催した。

津留崎 厚徳氏 津留崎 厚徳氏

 Oracle HCM製品は2012年から展開しており、2016年には中堅企業向けのソリューションとして「Oracle Talent Acquisition Cloud For Midsize」(採用向けの機能)、「Oracle Talent Management Cloud For Midsize」(タレントマネジメント機能)も発表している。

 日本オラクル クラウド・アプリケーション事業統括 ソリューション・プロダクト本部 HCMソリューション部部長 津留崎 厚徳氏は、直近の日本国内でのHCM Cloudの市場動向について「中小規模の企業では、評価のプロセスが紙ベースだったり、複雑なルールで運用しているケースが多い。中堅企業向けでは、リリースから1年未満で2桁ほどの企業に導入できた」と説明する。

 ちなみに同社が定義する中堅企業は、年商1000億円未満だが、その中でも500億円未満の企業からの引き合いが多いという。

 人事、採用、労務管理、配属部署など、人事に関わる部門とタスクが分断されがちで、組織規模が大きくなるとこの傾向は強くなりやすい。HCM Cloudは分断しやすい情報を1つのサービスとして提供することで、情報が分断しない仕組みを作るという。統合された人事情報があれば、日常業務を定量評価して可視化したり、課題を分析したり、さらには将来に向けたシミュレーションも可能になる。

分断されやすい人事のタスク 分断されやすい人事のタスク

 例えば、経営戦略と人員リソース配置の評価を定量的に行う「戦略的ワークフォース・プランニング」は、人事計画(採用・育成・配置の各計画)の戦略立案を支援する機能で、現状の可視化や複数のシナリオに即したシミュレーションを行える。 

 これを使うと、「退職率が高く、採用コストが高くついている状況」を改善するために、実績と計画シナリオのそれぞれを視覚可し、計画シナリオとして、採用・育成・配置のそれぞれのパラメータを調整しながら最適解を探索していくような施策を効率よく検討できるようになるという。

戦略的ワークフォース・プランニング 戦略的ワークフォース・プランニング
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。