連載
» 2017年04月18日 10時00分 公開

そこが知りたい!セルフサービスBI:今さら聞けない、セルフサービスBIって何?

経営戦略に欠かせない経営データの集計、可視化、戦略の検討。ユーザー部門などの現場で簡単に確認できるようになるセルフサービスBIは、これまでのBIツールと何が違う?

[キーマンズネット]

 売上金額、利益の推移、市場シェア、稼働率、不良率など、企業にはさまざまなデータがあり、それらを分析してビジネスの意思決定に活用することが欠かせない時代になってきました。これらのデータ処理やグラフ化によって経営データを「見える化」するものとして、「BI(Business Intelligence)ツール」が知られています。しかしBIツールは比較的規模の大きなシステムが多く、情報システムに精通した担当者が設定や構築を行う必要があり、手軽に導入、使いこなせるものではありませんでした。

 このような従来のBIツールでは対応しきれなかった、柔軟で手軽に使えるBIツールとして登場したのが「セルフサービスBI」です。セルフサービスBIの基礎を簡単に説明します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。