調査リポート
» 2017年04月04日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「無線LANアクセスポイント」シェア(2016年度)

2016年度の無線LANアクセスポイント市場規模は333億円。文教向け市場が活性化している。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 富士キメラ総研の調査によれば、2016年度の国内無線LANアクセスポイント(AP)市場規模は、数量ベースで495万台、金額ベースで333億円と見込まれている。市場構造では、個人向け市場の売り上げ金額の比率が7割弱と高く、同市場で実績の高いベンダーがシェア上位を獲得している。

 ベンダー別の市場占有率(見込)を見ると、数量ベースで1位のベンダーは横ばいで推移し34.5%、2位は27.6%、3位が17.6%で、4位、5位がそれぞれ6.3%、2.7%と続いている。金額でも数量1位が首位で34.5%、2位も数量2位のベンダーで19.5%、3位は11.4%、4位、5位はそれぞれ4.8%、4.2%と続いている。

 個人向け市場は、IEEE 802.11n対応のAPのリプレースにより、単価の高いIEEE 802.11ac対応APが主流になっているため、数量ベースではほぼ横ばいであるの対して、金額ベースでは伸長すると予測されている。また、以降も同市場は数量/金額ともに堅調に推移するとしている。今後、MU-MIMOの「3×3」「4×4」対応のAPと端末が各社から発売されることで、2016年度では主流の「2×2」対応APから、「3×3」「4×4」対応APへのリプレース需要が喚起されると考えられている。

 法人向け市場では、文部科学省が2017年度までに校舎の無線LAN整備率100%を目指すなど文教向け市場の活性化を受け、2016年度も数量/金額ベースともに好調に推移すると見込まれている。

「無線LANアクセスポイント」シェア(2016年度) (出典:富士キメラ総研)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。