ニュース
» 2017年02月17日 10時00分 公開

金属に匹敵する高剛性をもつ筐体、レノボが新ThinkPadを発表 (1/2)

レノボ・ジャパンがThinkPadの新製品発表会を開催。米国MIL規格をクリアするほどの堅牢(けんろう)性をもつThinkPadシリーズは、今回さらに剛性を高めた。

[綿谷禎子,キーマンズネット]

 レノボ・ジャパンは2月8日、ThinkPadの新製品発表会を開催した。今回発表したのは、プレミアムモデル「ThinkPad X1シリーズ」から3製品、ユーザビリティを追求した主力モデルの4製品、企業向けのメインストリームノートPCの2製品の計9製品だ。

レノボが取り組むワークスタイル変革

安田 稔氏 レノボ・ジャパン 専務執行役員 安田 稔氏

 まず「レノボの目指すワークスタイル変革」について、レノボ・ジャパン専務執行役員の安田 稔氏が解説した。レノボは国内のPC市場で5年連続首位、グローバルでもPCのシェアにおいて4年連続で首位をキープするなど、国内外のユーザーから支持を受けている。ThinkPadは2017年で25周年を迎えるが、このような評価は発売当初から働き方改革に取り組み、生産性や作業効率を向上させることを目的にしてきた結果の現れだという。

 現在では社会情勢の変化に伴い介護や育児などと仕事を両立させるために、テレワークという新しい働き方を実現させる企業が増えてきている。このようなワークスタイルの変化にレノボのPCは対応。「外出先で仕事をしたり、自宅で仕事をしたり、実家で介護をしながら仕事をするというケースも増えてくるでしょう。そういった新しい仕事環境をレノボはサポートしていきたいと考えています」と安田氏。新しい働き方を支えるツールとして、今回の新製品の開発が行われたことを説明した。

テレワークでも仕事の生産性や効率性を向上できる環境作りについて考える テレワークでも仕事の生産性や効率性を向上できる環境作りについて考える
9製品を発表。中でも「ThinkPad X1 Carbon」と「ThinkPad L470」の構造や機能が詳しく紹介された 9製品を発表。中でも「ThinkPad X1 Carbon」と「ThinkPad L470」の構造や機能が詳しく紹介された

ワークスタイル変革を支える新ThinkPad

吉原敦子氏 コマーシャル製品事業部 コマーシャルノートブック・タブレット担当 吉原敦子氏

 次にコマーシャル製品事業部 コマーシャルノートブック・タブレット担当の吉原敦子氏が新製品のプレゼンテーションを行った。最初に「ThinkPadは昔から“お客さまの成功を支えること”をゴールに考えてきました。米国MILスペックテストにパスした12項目の堅牢(けんろう)性があり、使いやすく、周辺機器との拡張性があること。このこだわりを大切に開発しています」と、ThinkPadの開発哲学について語った。


ThinkPadの堅牢性。12項目においてチェックしている ThinkPadの堅牢性。12項目においてチェックしている

 新製品においては、「変化に対応するためのイノベーション」「LTE搭載製品の拡充」「次世代の標準規格・ニーズへの対応」「管理性の向上」の4項目について新しく開発が行われた。その中でもワークスタイル変革に向けてレノボが特に提案したいのが、「14インチ製品の活用とマルチモード製品の活用」だと吉原氏はいう。

 「ThinkPad X1 Carbon」は、14型の画面サイズながら、狭額縁化により13型のコンパクトな筐体サイズに収めた。また、バッテリー駆動時間も10時間から15時間へと長くなった。また、管理性を向上させるために何かPCで管理上のエラーが発生した場合、PCが独自のエラー音を発信し、それをスマートフォンの専用アプリに聞かせることによって、そのエラー内容が何かを識別するといった機能も新しく付与した。

「ThinkPad X1 Carbon」のサイズ比較 2016年版と2017年版の「ThinkPad X1 Carbon」のサイズ比較。同じ14型でもサイズ的によりコンパクトさが実現された
「ThinkPad L470」 ネットワークポートを採用した「ThinkPad L470」。前モデルに比べて奥行きと幅がそれぞれ2ミリほどコンパクトになった。
スマホアプリ 管理性を向上させる機能として、エラー音によってスマホアプリからエラー内容を特定できる機能を追加
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。