特集
» 2016年12月15日 10時00分 公開

企業におけるデータ活用の状況(2016年)/前編IT担当者300人に聞きました(1/3 ページ)

キーマンズネット会員340人を対象にアンケート調査を実施した。データを使う立場にある人たちの半数以上が必要なときに必要なデータにアクセスできていないことが明らかになった。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットでは、2016年9月12日〜30日にかけて「企業におけるデータ活用の状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数340件)。回答者の顔ぶれは、従業員数が1000人を超える大企業が35.7%、同101〜1000人以下の中堅企業が43.7%、同100人以下の中小企業が20.7%という構成比だった。

 前編では主に、「業務で何らかのデータを利活用する立場にあるか」、そのような立場にある場合「いまの業務環境で、必要なデータを必要なタイミングで不自由なく利用できているか」、できていないとすれば「必要なデータを必要なタイミングで自由に利用できていない理由は何か」「データ活用に当たってのシステム面での課題」と「データ活用に当たっての人材面での課題」にフォーカスする。

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

データを利用する回答者の半数以上が必要なタイミングで使えていない

 最初に、「業務で何らかのデータを利・活用する立場にあるかどうか(SIerは顧客先の状況。以下同様)」を聞いたところ、全体では「ある」が73.2%に上った(図1)。

業務で何らかのデータを利活用する立場にあるか 図1 業務で何らかのデータを利活用する立場にあるか
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。