連載
» 2016年11月15日 10時00分 公開

そこが知りたい!社内SNS:一般のSNSやビジネスチャットとどう違う? 「社内SNS」の基礎知識

SNSが生活に欠かせなくなった人も多い。ビジネスでの活用は人脈づくりに利用されるものと社内コミュニケーションに利用されるものがある。

[キーマンズネット]

 SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)と一口にいっても、さまざまな種類があります。実名主義で知り合いとのつながりを重視する「Facebook」、情報発信や有名人のフォロー目的が多い「Twitter」、写真でつながる「Instagram」、短時間のメッセージ表示を楽しむ「Snapchat」など、多くの人々が自分の目的や用途、好みによってSNSを使い分けています。

 近年こうしたSNSの「簡単につながることができる」「気軽にやりとりできる」「グループでリアルタイムに連絡し合える」といった性質が注目を集め、ビジネスの場面にも導入されるようになってきました。仕事で使われるSNSには、大きく分けてLinkedInに代表される社外での人脈づくりを目的としたものと、社内コミュニケーションに利用されるものとの2種類があります。今回は後者について説明します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。