連載
» 2016年09月23日 10時00分 公開

そこが知りたい!コラボレーションツール:コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは

コラボレーションツールの導入が進む一方で、うまく業務に活用できていない企業も存在する。どんな場面でその力を発揮するのか。

[キーマンズネット]

 企業におけるコミュニケーションおよびコラボレーションツールの導入は確実に進んでいます。調査会社IDCが2015年6月に公開した調査結果によると、社員数1000人以上の大企業の56%、1000人未満の中小企業の66%が、2016年中にコミュニケーションおよびコラボレーションソリューションを導入、もしくはアップグレードすると回答しています。当然ながらその予算も増えており、33%の企業が増額すると答えています。

 しかしその一方で、うまく業務に活用できていない企業が存在するのも事実です。今回はコラボレーションツールがどんな場面でその力を発揮するのか、幾つか例を挙げて説明します。

コラボレーションツールの導入割合 コラボレーションツールの導入割合(出典:IDC、2015年6月)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。