特集
» 2016年09月01日 10時00分 公開

IT担当者300人に聞きました:Excelの利用状況(2016年)/前編 (1/3)

キーマンズネット会員444人を対象にアンケート調査を実施した。業務に欠かせないExcelの利用実態が明らかになった。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットでは、2016年6月22日〜29日にかけて「Excelの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数444件)。回答者の顔ぶれは、立場として「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が50.9%、「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が25.5%、「一般部門で製品選定を検討し、かつユーザーとして利用する立場」が11.9%、「顧客に販売するベンダー・SIerとしての立場」が11.7%となった。企業規模別では、1001人以上の大企業が39.2%、101〜1000人以下の中堅企業が37.4%、100人以下の中小企業が23.4%という構成比だった。

 前編では主に「Excelの導入・活用状況」「導入済みおよび予定のバージョン」「Excelの利用用途」「課題の有無」を取り上げる。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

今後導入するExcelのバージョンとしては不人気な「Office 365(Excel Online)」

 最初に「Excelの導入状況」を聞いた。全体では「既に導入済み(バージョン更新の予定なし)」が82.7%、「既に導入済み(バージョン更新の予定あり)」が16.2%、「新規で導入を検討している」が0.0%、「必要性を感じない」が1.1%であった。まとめると、導入済みは98.9%となり、ほぼ全ての企業でExcelが導入されているようだ。企業規模や業種による差はほとんど見られなかった。

 次に「導入済みのExcelを有効活用できているか」を聞いたところ、「有効活用している」の73.9%に対して「使ってはいるが有効活用できていない」が25.4%に上り、おおよそ4分の1の回答者が「有効活用できていない」と感じていることが分かった。この割合を企業規模別に見てみると、大企業では6分の1未満に収まっているのに対して、中堅企業、中小企業では3分の1近くに上っている。

 さらに、導入済みとした回答者に「導入済みのバージョン」を、バージョン更新の予定ありとした回答者に「導入予定のバージョン」を聞いてみたところ、前者は「Excel 2010(47.4%)」「Excel 2013(37.1%)」「Excel 2007(8.0%)」「Office 365(Excel Online)(4.3%)」の順となり、後者は「Excel 2016(53.1%)」「Office 365(Excel Online)(21.9%)」「Excel 2013(15.6%)」の順となった。

 導入予定のバージョンでは、マイクロソフトがクラウドファーストを掲げ市場への浸透を進める「Office 365(Excel Online)」が「Excel 2016」に31.2ポイントも差をつけられる結果となった。後にフリーコメントで紹介するが、ファイル共有や共同作業時の動作の不安定さなどが背景にありそうだ。

Microsoft Excelのバージョン(導入済み・導入予定) 図1 Microsoft Excelのバージョン(導入済み・導入予定)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。