特集
» 2016年08月04日 10時00分 公開

ビジネスでのモバイル活用と管理状況(2016年)/前編IT担当者300人に聞きました(1/3 ページ)

キーマンズネット会員568人を対象にビジネスでのモバイル活用と管理状況について調査を実施した。法人におけるスマートデバイスの導入状況が明らかになった。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットでは、2016年6月3〜17日にかけて「ビジネスでのモバイル活用と管理状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数568件)。回答者の顔ぶれは、「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が36.5%、「一般部門で製品選定を検討し、かつユーザーとして利用する立場」が11.1%、「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が19.9%、「顧客に販売するベンダー・SIerとしての立場」が32.4%だった。

 前編では、「スマートデバイスの導入状況」「スマートフォン・タブレットの導入理由、導入規模」「トラブルの有無、内容」「セキュリティ対策」などを尋ねた。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることを事前にご了承いただきたい。

この2年で中小企業を中心にスマートフォン導入率が約18ポイントアップ

 最初に「スマートデバイスの導入状況」を聞いた(スマートデバイスとはタブレットとスマートフォンのことを指す)。全体では「導入している」と「導入していない」がちょうど50.0%ずつとなり、従業員規模別では、大企業(1001人以上)が56.4%、中堅企業(101〜1000人以下)が49.1%、中小企業(100人以下)が39.3%と、大企業ほど導入率が高くなっている。

 また、「タブレットとスマートフォンのどちらを導入しているか(複数選択可)」をたずねたところ、「スマートフォン」が39.1%、「タブレット」が35.2%となった。

 2014年の調査では、全体では「業務用スマートフォンを導入済み」が27.3%(3月時点)、「タブレットを導入済み」が33.9%(6月時点)であったことと比べると、スマートフォンの導入率が大幅に(10ポイント以上)伸びていることが分かる。この伸びを従業員規模別に2014年の調査と比較しながら見てみると、中小企業でスマートフォンが17.9ポイント増加していた。中小企業での導入増加がこの結果に大きく起因していることがうかがえる。

スマートデバイスの導入状況・現在導入しているスマートデバイス 図1 スマートデバイスの導入状況・現在導入しているスマートデバイス
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。