連載
» 2016年07月19日 10時00分 公開

そこが知りたい!勤怠管理ツール:勤怠状況の管理だけじゃない、「勤怠管理ツール」の活用法

従業員の定着率UPや営業活動の効率化など会社が抱える課題を改革できる勤怠管理ツールだが、営業活動をより効率化することもできる。

[キーマンズネット]

 勤怠管理ツール導入の大きな目的は、従業員の労働時間を把握しやすくし労務管理を適正に行うこと、業務部門の作業負担を軽くすることでしょう。ここではさらなる活用方法を考えてみます。

 勤怠管理ツールを活用すると、従業員の定着率アップ、営業活動の効率化など、会社が抱えている課題を改革することが可能です。従業員が採用できない、従業員が定着しない、あるいは営業活動をもっと効率化できないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。