連載
» 2016年07月05日 10時00分 公開

そこが知りたい!勤怠管理ツール:勤怠管理ツールの基本機能と導入メリット

勤務時間を管理するために役立つ「勤怠管理ツール」。基本機能がどのような企業課題を解決するのか、分かりやすく紹介する。

[キーマンズネット]

 勤務時間を管理するために、これまでは出社時と退社時に紙のタイムカードをタイムレコーダーに挿入して、打刻した記録あるいは自己申告した勤務時間の記録を業務部門が手作業で集計をしてきました。

 しかし手作業が介在することで手間がかかるだけでなく、時間外や休日、深夜労働の実態が難しくなります。そして労働環境の悪化を招き、結果として過重労働や違法残業が当り前という、いわゆる「ブラック企業」を生み出す原因になってしまいます。

 そのような状況を解消するために役立つのが「勤怠管理ツール」です。ここでは、本ツールがどのような基本機能を持っているか、簡単に紹介します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。