連載
» 2016年06月28日 10時00分 公開

そこが知りたい!勤怠管理ツール:勤怠管理ツールのコスト感はどれくらい?

勤怠管理ツールを導入し、労務管理をしっかり行うとともに業務部門の作業負担も軽くしたい。しかしコストは極力抑えなければならない。

[キーマンズネット]

 勤怠管理ツールを導入し、労務管理をしっかり行うとともに業務部門の作業負担も軽くしたい、しかしそのためのコストは極力抑えなければならない。そういった会社は多いでしょう。

 自社のシステムに導入するオンプレミスタイプの勤怠管理ツールは多機能で、自社の制度に合わせてさまざまなカスタマイズが可能ですが、それなりの導入費用と運用費用などがかかります。対してクラウドタイプの勤怠管理ツールであれば、機能は制限されますがすぐ導入を決断できそうなコスト感であることが多いです。

 ここでは、多種多様な勤怠管理ツールの「コスト感」をお伝えします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。