特集
» 2016年06月02日 10時00分 公開

メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)/後編IT担当者300人に聞きました(3/4 ページ)

[キーマンズネット]

導入後の満足度は「安定性、可用性」を重視するIT関連外の製造業でやや低め

 最後に、「メール誤送信防止システム導入後の満足度」について聞いた(図3)。その結果、「とても満足している」が14.3%、「まあ満足している」が65.4%、「やや不満がある」が16.5%、「とても不満がある」が3.8%となり、まとめると全体で「満足」が79.7%、「不満」が20.3%という結果となった。

 実際にフリーコメントを見てみると、「とても不満がある」とした回答者の意見として「社外が含まれていても、ポップアップが出るだけで、送信ボタンを押せば送信できてしまう」「メールドメインの社内外区別だけでは意味がない」「通信内容に関係なく同じ手続きが要求される。慣れによるミスが心配である」などが見受けられた。

 これらの他に、「やや不満がある」との回答者からも、「確認しても見落としがある」「うっかりミスまでの防止対策にはなっていない」「チェック機能だけでは、誤送信リスクに対する意識を高めることしかできない」といった意見が寄せられている。総じて、各人の「使い方」によって有効性に大きな差が出てしまうことがうかがえた。

『メール誤送信防止システム』導入後の満足度(複数回答) 図3 『メール誤送信防止システム』導入後の満足度(複数回答)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。