連載
» 2016年05月26日 10時00分 公開

そこが知りたい!CRM:CRMを使いこなす、覚えておきたい「5つ」の運用ポイント

CRMシステムをせっかく導入したのに「うまく使いこなせない」「結局使わなくなってしまった」というケースが少なからずある。そうならないための運用のポイントを説明する。

[キーマンズネット]

 CRM(顧客管理)システムがどれだけ素晴らしい性能を備えていたとしても、うまく運用できなければその効果を実感することはできません。最終的な目標である顧客関係の改善や売り上げアップにもつながらないでしょう。

 実はCRMシステムをせっかく導入したのに「うまく使いこなせない」「結局使わなくなってしまった」というケースが少なからずあります。そうした事態を招かないためにも、今回は運用のポイントを幾つか説明したいと思います。

CRM運用で気をつけたい「5つ」のポイント

(1)運用ルールを策定、更新する

 CRMシステムをうまく使いこなすには、運用ルールをきちんと定める必要があります。例えば「現場の営業担当者は毎日営業日報を入力し、上司はその日報に対し2営業日以内にフィードバックを戻す」など、システムが定着するまでは強制力を持ったルールの作成、適用が重要です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。