連載
» 2016年05月17日 10時00分 公開

そこが知りたい!名刺管理:名刺管理ツールでありがちな3つの失敗例

名刺管理ツールで名刺を「宝の山」に変えたい。そう意気込んでせっかく導入したのに「こんなはずじゃなかった!」とならないために、ありがちな3つの失敗事例を紹介する。

[キーマンズネット]

 名刺管理ツールで名刺を「宝の山」に変えたい。そう意気込んで導入したものの、逆に手間ばかり増えて思ったような効果を上げられない。こんな事態はさけたいものです。

 現在、名刺管理ツールはスマートフォンで簡単に使い始めることのできる無料アプリから、営業支援までカバーできる高機能なものまで多種多様なサービスがあります。せっかく導入したのに「こんなはずじゃなかった」とならないために、今回は「ありがちな3つの失敗事例」を紹介します。

(1)名刺情報入力が不正確で二度手間やミスが発生

 名刺管理ツールの利用は、まず名刺の情報を入力するところから全てが始まります。スマートフォンで名刺の写真を撮る、専用スキャナーでスキャンする、アウトソーシングして名刺スキャンから入力まで任せるなどの方法がありますが、どの方法も名刺のデータを画像化し、読み取って文字情報に変えるOCRという方法が主流です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。