特集
» 2016年04月28日 10時00分 公開

IT担当者300人に聞きました:営業部門が抱える課題とITの活用状況(2016年)/後編 (1/2)

キーマンズネット会員459人を対象にアンケートを実施した。「営業部門の『ワークスタイル変革』への取り組み状況」などが明らかになった。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットでは、2016年2月10日〜23日にかけて「営業部門が抱える課題とITの活用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数459件)。回答者の顔ぶれは、営業部門が全体の24.2%、情報システム部門が31.8%、スタッフ部門が18.1%、製造・関連部門が11.8%、その他の部門が14.2%という構成比だった。

 前編では、「営業部門が営業力を強化する上で抱える課題」や「営業部門が今後実施する予定の項目」「営業部門独自のIT予算の有無」などの問いから、「マーケティング力」「提案力」「知識・情報共有」不足が課題の中心であり、営業部門では「デスクワークを効率化したい」という要望が他部門よりも強い傾向が見られた。

 後編では、「営業部門の『ワークスタイル変革』への取り組み状況」「社内PCの外部持ち出し・自宅への持ち帰りの許可状況、及び運用規定」「社外からの社内システムへのアクセス許可状況」などを明らかにする。

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

『ワークスタイル変革』、営業部門の裁量による取り組みが中心?

 「営業部門の『ワークスタイル変革』への取り組み状況」を聞いたところ、全体では「取り組んでいる」が36.8%、「取り組んでいない」が35.3%、「分からない」が27.9%という結果になった(図1-1)。「分からない」を除けば、取り組みの有無は半々といったところだ。

 部門別に見ると、当事者である営業部門では「取り組んでいる」が54.1%と高い半面、情報システム部門では「取り組んでいない」が41.1%で最も高い。ワークスタイル変革に欠かせない役割を持つ情報システム部門において、営業部門での意図や要望が十分に認識されていない企業が多いことが推測される。また、規模別では、規模の大きい企業ほどワークスタイル変革への取り組みを実施している傾向にあることも分かる。

 合わせて「営業部門がワークスタイル変革のために行っている取り組みの内容」を聞いてみたところ、全体では「社外から社内システムへアクセスできる環境整備」(65.9%)、「タブレットの導入」(54.3%)、「Web会議の導入」(50.6%)、「ノートPCの導入」(48.2%)、「スマートフォンの導入」(46.3%)の順に多く、この5項目が40%を超えている(図1-2)。一方で、「私用スマートフォン・タブレットの業務利用」(12.2%)、「私用PCの業務利用」(6.1%)はそれぞれ回答率が低く、BYODが浸透していない状況が明らかになった。

『ワークスタイル変革』への取り組みの有無/変革のために行っている取り組み 図1 『ワークスタイル変革』への取り組みの有無/変革のために行っている取り組み
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。