連載
» 2016年04月19日 10時00分 公開

古くて新しいセキュリティ脅威を振り返るセキュリティ強化塾(2/3 ページ)

[キーマンズネット]

標的型攻撃は「内部侵入」を前提とした多層防御体制を

 本連載の「今すぐ取り掛かれる標的型攻撃対策」でも紹介しているが、標的型攻撃の手口は次の7つのステップで遂行される。

  1. 計画立案
  2. 攻撃準備(標的組織の調査)
  3. 初期潜入(ウイルス感染)
  4. 基盤構築(感染拡大)
  5. 内部侵入、調査(文書や情報の探索)
  6. 目的遂行(外部へのデータ送信)
  7. 再侵入

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。