ニュース
» 2016年02月18日 10時00分 公開

KeyConductors:「ThinkPad X1ファミリー」その歴史と先進性 (1/3)

プロジェクターや3Dカメラを搭載した新しいThinkPadシリーズ X1ファミリー。ThinkPadは今後どうなるのか。

[綿谷禎子,キーマンズネット]
ThinkPad 700c 当時としては最大級の10.4型TFTカラー液晶ディスプレイを搭載し、ブランドネーム「ThinkPad」が初めて使われたモデル「ThinkPad 700c」。黒い筐体と赤いトラックポイントという「ThinkPad」のアイデンティティーはこの機種から受け継がれている

 レノボ・ジャパンは2月16日、プレミアムモデルの「ThinkPad X1ファミリー」4製品の新製品発表会を開催した。「Lenovo X1 Premier Collection」と銘打った発表会の会場には、新製品とともにIBM時代から引き継いだThinkPadの歴代のモデルを展示。Thinkシリーズのフラッグシップ製品である「X1」シリーズへの進化の過程が分かる構成となった。

 Thinkシリーズの初代モデル「ThinkPad 700c」が登場したのは1992年。ノートPC研究開発の拠点だった神奈川県大和市の「大和研究所」で生まれた(現在では「みなとみらいセンタ−ビル」に移転)。日本人の手によって産声を上げたThinkシリーズは「人々の生産性を高めていくため、究極のツールとしての進化を遂げている」と留目真伸社長は解説する。

 2014年には累計出荷台数1億台を達成。2016年度の第3四半期にはグローバルで過去最高の21.6%のシェアを確立し、日本市場でもNECレノボ・ジャパングループが第2四半期に過去最高の29.4%のシェアを獲得するなど、レノボがリーダーシップポジションを維持し、成長していることをアピールした。

留目真伸氏 「ThinkPad」の軌跡について説明するレノボ・ジャパンの代表取締役社長 留目真伸氏

 「日本のモノ作りを結集した製品で、ストレス無く使えてモビリティにも優れ、人々のイノベーティブなマインドを刺激する仕上がりになっている」と留目氏が紹介したのが、今回、発表された「X1ファミリー」だ。

「ThinkPad X1」新製品 「ThinkPad X1」新製品

 そのデザインについてレノボ本社チーフデザインオフィサーのデイビッド・ヒル氏によって語られた。彼はIBM時代から一貫してThinkシリーズの工業デザインを指揮してきた人物だ。

 まず、ドイツの工業デザイナーであり、ThinkPadのデザインコンセプトの生みの親でもあるリヒャルト・ザッパー氏の言葉である「時間は物の真価を証明できる数少ない1つである(Time is one of the few things that may ultimately establish the true quality of an object.)」を紹介。ヒル氏もその意見に賛同を示し、2015年12月31日に亡くなったザッパー氏に哀悼の意をささげた。

デイビッド・ヒル氏 「リヒャルト・ザッパー氏のデザインはThinkPadの中で生き続ける」と語る、レノボ本社チーフデザインオフィサーのデイビッド・ヒル氏

 ThinkPadの黒い筐体と赤いトラックポイントというデザインは、松花堂弁当の箱にインスピレーションを受けたもの。誰が見てもThinkPadだと分かるこのデザインは、1992年の誕生から24年たった今でも本質的に変わらない。

 「アートはそれ自身が完全なフォルムを見つけたアイデア(Art is an idea that has found it’s perfect form.)」という、アメリカのグラフィックデザイナー、ポール・ランド氏の言葉や、「デザインは単にアートではなく、機能の優雅さである(Design is not simply art , it is the elegance of function.)」という、ポルシェデザイン創業者のF.A.ポルシェ氏の言葉を引きながら「完璧な形と機能性を兼ね備えたデザインは感動を生む」と結論づけた。

 その上で「X1ファミリーのデザインはアートの領域にある」とヒル氏。Think製品はこれまでのデザイン哲学を踏まえ、「将来の展望に向けてただ変わるだけでなく、より完璧さを追求していかなくてはいけない」とまとめた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。