特集
» 2016年02月10日 10時00分 公開

IT担当者300人に聞きました:ストレージの利用状況(2015年)/前編 (1/2)

300人を対象に「ストレージの利用状況」を調査。前編では「重視するポイント」や「利用用途」などが明らかになった。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットでは、2015年11月11日〜11月25日にかけて、「ストレージの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:300件)。回答者の構成比は、情報システム部門が45.7%、一般部門が54.3%だった。

 今回はストレージの利用状況について聞いた調査結果を前後編の2回にわたりお届けする。前編では、オンラインストレージやクラウドストレージの「重視するポイント」や「利用用途」など、オンラインストレージやクラウドストレージストレージの利用状況を把握するための質問を実施した。その結果、全体で31.4%の企業が利用していることが明らかとなった。

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

企業規模が大きくなるほど、不安感が強くなるオンラインストレージ

 はじめに、オンラインストレージやクラウドストレージの利用状況を尋ねた。その結果、1位は「利用していないし、今後の利用もない」で54.7%、2位は「企業で指定された有料サービスを利用している」で23.7%、3位は「利用していないが新規で利用を検討している」で10.3%、4位は「企業で指定された無料サービスを利用している」で7.7%、5位は「企業で指定されていないがサービスを利用している」で3.7%と続いた。整理すると、利用していない企業は68.7%、利用している企業は31.4%となった。

 合わせて、利用していないユーザーに対し、オンラインストレージやクラウドストレージを利用しない理由を聞いてみたところ「情報が流出しないか不安」が62.7%、「データ消失のリスクがある」が38.7%、「ファイルサーバを利用しているため」が31.3%、「管理者がいない」が20.0%、「運用コストが高い」が19.3%と続いた(図1)。

 この結果を従業員規模別に見たところ、1001人以上の大企業では69.2%、101〜1000人以下の中堅企業では67.7%が、情報が流出する不安感を持っていることに対し、100人以下の中小企業では44.4%となり、差の開く結果となった。このことから、ストレージサービスを利用していない企業は、セキュリティリスクを回避するためにストレージの使用を避けているものの、企業規模が小さくなればなるほど意識に差があった。

図1 オンラインストレージやクラウドストレージを利用しない理由(複数回答) 図1 オンラインストレージやクラウドストレージを利用しない理由(複数回答)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。