ニュース
» 2016年01月26日 10時00分 公開

KeyConductors:インフォテリアとテックビューロの連携で広がるブロックチェーン (1/3)

データ連携用ミドルウェア「ASTERIA WARP」とプライベートブロックチェーンプラットフォーム「mijin」が連携すると何が起きるのか。

[西山 毅,レッドオウル]

 2015年12月、EAI/ESB市場で国内トップシェアを持つインフォテリアが、プライベートブロックチェーン技術を提供するテックビューロとの業務提携を発表した。両社は、インフォテリアが提供するデータ連携用ミドルウェア「ASTERIA WARP」とテックビューロのプライベートブロックチェーンプラットフォーム「mijin」を組み合わせるための専用接続アダプターを開発し、2016年4月から発売する予定だ。

 前編ではテックビューロのプライベートブロックチェーン技術に焦点を当てたが、後編ではインフォテリアの概要と両社の協業によってもたらされる世界について紹介する。

テックビューロの朝山 貴生氏(左)とインフォテリアの平野 洋一郎氏(右) テックビューロの朝山 貴生氏(左)とインフォテリアの平野 洋一郎氏(右)

XML技術専門開発企業としてスタートしたインフォテリア

 1998年創業のインフォテリアは、「組織を超えたコンピューティングを実現するソフトウェアを開発し、世界規模で提供する」ために作られた会社だ。国内初そして唯一のXML技術専門開発企業としてスタートした。

 インフォテリアとテックビューロ共同開催の「フィンテックフォーラム」で登壇したインフォテリア代表取締役社長の平野 洋一郎氏は、「われわれが掲げた目標は、グーグルやマイクロソフトなどと同じように世界中で使われるビジネスソフトウェアを全世界に提供すること。実は日本企業では、まだどの会社も成功していない領域」だと設立の目的を説明する。

 1999年から2000年にかけては出資のみで27億円を調達し、約20億円を投資して2002年にノンプログラミングで異なるシステム間を連携するビジネスインテグレーションプラットフォーム「ASTERIA R2」を開発した。2007年には東証マザーズに上場、現在は日本をヘッドクォーターとして、米国や中国など海外に5拠点を展開している。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。