連載
» 2016年01月19日 10時00分 公開

今すぐ取り掛かれる標的型攻撃対策セキュリティ強化塾(2/5 ページ)

[キーマンズネット]

標的型攻撃対策は被害拡大阻止を織り込む

 標的型攻撃には、(1)計画立案、(2)攻撃準備、(3)初期潜入、(4)基盤構築、(5)内部侵入・調査、(6)目的遂行、(7)再侵入という7つの段階がある。これまでは、(2)以降の段階それぞれに対応するためのセキュリティ対策ツールの導入と運用が行われてきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。