特集
» 2015年12月21日 10時00分 公開

IT導入完全ガイド:「IT資産管理ツール」の基本機能を1990年代後半のITの歴史から学ぶ (1/3)

今や「セキュリティツールなのか」と思うほどにさまざまな機能を有すIT資産管理ツール。発展の歴史を、ITの歴史に沿いながら紹介する。

[土肥正弘,ドキュメント工房]

 「資産管理」という言葉から一般的に連想されるのは企業の財産としての「モノ」を整理して台帳化する業務なのではないだろうか。しかし「IT資産管理ツール」はIT資産の台帳づくりの領域を大きく超えて、セキュリティとコンプライアンス、ひいてはITガバナンスの強化に貢献する道具として認識されている。その機能は年々強化され、現在では統合セキュリティ管理ツールとして活用可能なツールに成長してきた。今回は、現在までのIT資産管理ツールにおける機能の強化状況を、企業ニーズの変遷を振り返りながら紹介していく。

【1990年代後半】社内のPC増加による運用管理工数増加への対応、TCO削減

 「社内のクライアントPCが何台あるのか分からない」……そんな声が聞かれだしたのは1990年代、特にWindows95以降のPC1人1台利用が一般的になった頃のこと。社内に急速に普及したPCは業務効率を大きく進歩させ、同時期以降に本格化したインターネット普及はメールをコミュニケーションの中心に導き、ITの世界が大きく動き出した。そこで課題になったのがPC運用管理コストの増大だ。

 当時はネットワーク機器もPCも安定性に課題があり、しかもシステムの分散によりIT部門のみならず業務部門にもシステム運用管理負荷が急増していた。そこで社内に拡大するクライアント環境を迅速に把握し、保守やユーザーサポートを効率化することが大きな課題に浮上した。その頃から特に300台以上の規模でPC運用を把握する企業に普及したのがIT資産管理ツールだ。次のような機能が注目された。

インベントリ管理機能

 インベントリとはハード面ではPCのCPUやメモリ、HDD容量などスペック情報やネットワーク機器の情報、ソフトウェア面ではOSやアプリケーション情報のことを指す。これらをLAN経由で自動収集し、一覧できるようにした。LAN接続されていない機器を手作業で追加すればハードとソフトの「資産台帳」が出来上がり、クライアント運用管理のベースとなる。これは現在もIT資産管理の基本機能であることに変わりない(図1)。

図1 インベントリ管理画面の例(出典:ハンモック)

リモート管理機能、ファイル配布機能

 インベントリ情報をベースに実際の保守、サポート業務を効率化したのは、技術者が自席にいながら遠隔のPCなどを操作できるリモート管理(操作)機能(図2)と、パッチプログラムや新アプリケーションなどを対象PCにLAN経由で配布できるファイル配布機能だ。当時からシステム保有コストの約7割が運用管理コストといわれており、そのコスト削減はTCO削減に効いた。

リモート管理機能の例 図2-1 操作画面(出典:ハンモック)
リモート管理機能の例 図2-2 複数台同時接続、監視画面(出典:ハンモック)

 インベントリ管理、リモート管理、ファイル配布は現在も基本機能として磨かれている。フロアマップと組み合わせて視覚的に場所を把握しながら、特定PCの環境を確認できるようにしたり(図3-1)、台帳とリース、レンタル契約情報を結び付けて管理したり(図3-2)することも可能になり運用管理負荷はますます軽減可能になった。

フロアマップと組み合わせた表示の例 図3-1 フロアマップと組み合わせた表示の例(出典:ディーオーエス)
リース、レンタル契約の管理の例 図3-2 リース、レンタル契約の管理の例(出典:ディーオーエス)

 またリモートでPCの省電力設定を制御し、標準的なポリシーで省電力化を図ることも可能なので、電力コスト低減にも寄与できる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。