調査リポート
» 2015年08月11日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「イメージスキャナー」シェア(2014年)

2014年は前年比13.9%減の24万5000台となったイメージングスキャナー市場。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調べによれば、2014年の国内ドキュメントイメージングスキャナーの出荷台数は、前年比13.9%減の24万5000台となった。その内、シートフェッドタイプの出荷台数は同比13.2%減の13万3000台、フラットベッドタイプが同比14.7%減の11万2000台であった。

 2014年第1四半期(1〜3月)に、増税前の駆け込み需要から前年同期比で増加を記録したが、その後は減少を続け、通年では大幅な減少となった。当該製品のうちフラットベッドタイプは、2013年はトップシェアベンダーの新製品により前年比でほぼ同等の出荷台数を維持したが、2014年は大幅な減少となった。シートフェッドタイプも減少は緩やかになってきたものの、2014年も大きな減少を続けた。

 ベンダー別の市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、1位のベンダーが47.6%、2位が25.8%、3位が22.5%で、上位3社で国内市場の95%以上のシェアを占めている。2位と3位のベンダーはフラットベッドタイプの比率が高く、1位とその他のベンダーはシートフェッドタイプを主に販売している。

 今後、e-文書法の要件緩和やマイナンバー制度など、当該市場にプラスの効果をもたらす法改正が予定されているが、それらはコピア系複合機やスマートフォンなどほかのテクノロジー製品からも注目されている。当該市場の維持拡大にはそれらを抑えてユーザーに選ばれるよう、利便性をしっかりと訴えていく必要があると考えられている。

「イメージスキャナー」シェア(2014年) (出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。