特集
» 2015年08月10日 10時00分 公開

IT導入完全ガイド:「マネージドセキュリティサービス」最新事情 (1/5)

ますます高度化、複雑化するサイバー攻撃に対し、自社だけのセキュリティ対応に限界を感じる。最新の脅威に世界レベルで対抗するマネージドセキュリティサービス(MSS)とは。

[小池晃臣,タマク]

 2015年6月に明らかになった日本年金機構での大規模な個人情報漏えい事件は、さまざまな企業にとって自社の情報セキュリティ体制をあらためて見つめ直すきっかけとなった。企業の中には、ますます高度化、複雑化するサイバー攻撃に対し、専門スタッフを抱えるのが難しく、自社だけの力によるセキュリティ対応に限界を感じているところも多いはず。現在、注目されるのがセキュリティ機器の運用管理を専門ベンダーに委託するMSS(マネージドセキュリティサービス)だ。今回は、なぜMSSの利用が増えているのかを考察するとともに、一般的なMSSにおけるサービス(機能)の具体的な内容を紹介する。

なぜMSSが求められているのか?

 IT調査会社IDC Japanによると、MSSを含めた国内セキュリティシステム運用管理サービス市場はここ数年、年間5%〜8%のペースで拡大を続けており、この成長は今後も続いていく見込みだ。

セキュリティシステム運用管理サービス市場の売上額と前年比成長率 図1 セキュリティシステム運用管理サービス市場の売上額と前年比成長率(今後の予測)。国内におけるセキュリティシステム運用管理サービス市場の売上額と前年比成長率のこれまでの推移と今後の予測。セキュリティシステム運用管理サービスには、MSSとホスティングセキュリティサービス、SaaS型セキュリティサービスの3つのサービスが含まれている。セキュリティシステム運用管理サービス市場に占めるMSS市場の市場規模は、2014年で57%程度となっており、2019年には64%程度に拡大するとみられる(出典:IDC Japan)

 日本企業のほとんどは、情報セキュリティ対策をコストとして捉えている。そのためなるべく低コストかつ最小限の人的リソースで自社が求めるセキュリティレベルを実現しようとする傾向にある。このように効率化を追求したとき、養成に時間とコストがかかるセキュリティエンジニアを自前で抱える必要がなく、そうしたエンジニアのプロの目による24時間365日の監視、管理体制を容易に手に入れられるMSSが注目を浴びる当然の流れだといえそうだ。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。