特集
» 2014年02月12日 10時00分 公開

IT担当者300人に聞きました:サーバ仮想化ソフトの導入状況(2013年) (2/5)

[キーマンズネット]

導入目的の64.7%はハードウェア資源の有効利用、以下コスト削減、省スペース化

 次に、サーバ仮想化ソフトを導入済みと回答した方に「導入目的・きっかけ」について尋ねた(図2)。1位は「ハードウェア資源の有効利用」で64.7%、2位は「運用コスト削減」で58.7%、3位は「サーバ設置スペースの省スペース化」で49.3%、4位は「短期間でのサーバ構築」で23.3%、5位は「過去のOSを継続して利用したい」で20.7%という結果となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。