特集
» 2014年01月20日 10時00分 公開

IT導入完全ガイド:PCとモバイル端末のIT資産の管理術 (1/4)

スマホやタブレットなどスマートデバイスの業務利用の拡大、ユーザーのワークスタイルの多様化により、管理端末の範囲はますます広がる。登録から活用までIT資産の管理術を紹介する。

[小山健治,キーマンズネット]

 IT投資の最適化、ソフトウェアライセンスの違法利用の防止、セキュリティ対策の強化など、企業がITシステムを適切かつ効率的に運用していくうえでの基盤となるのがIT資産管理である。

 しかし、スマートフォンやタブレットなどスマートデバイスの業務利用の拡大、ユーザーのワークスタイルの多様化などにより、管理対象となるエンドポイントはますます範囲を広げ、ガバナンスを困難にしているのが実情だ。

 この課題を解決する最新のIT資産管理ツールの活用法から製品選択のポイントまで、徹底解説しよう。

増え続けるデバイス、どこまでが管理対象?

 IT資産管理は、社内に存在する大量のサーバやPCなどのハードウェアならびに、その上で稼働しているソフトウェアの利用状況を正確に把握することから始まる。そこでの基本となるのが、インベントリ(棚卸し)情報だ。

 ハードウェアからはCPU型番やメモリ容量、HDD容量、IPアドレス、動作OSの種類、設置場所、所有者などの情報を、ソフトウェアからはライセンス内容やバージョン情報、セキュリティパッチの実施状況、許諾された利用者やグループなどの情報を効率よく取集し、一元管理することで、適切なIT資産管理を実現することができる。

 ただ、ここにきて大きな課題となっているのは、企業が守るべきIT資産の対象がかつてなく広範囲に拡大していることだ。企業が推進するワークスタイル変革に伴い、これまでコンシューマー市場で発展してきたスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスが、ビジネス領域にも急速に浸透してきている。

 また、社内のPCにUSBインタフェース経由で接続できる外部接続メディアも、CD、DVD、BDドライブやUSBメモリからICレコーダー、デジカメなどへと多様化している。当然、これらのデバイスも情報漏えいなどのセキュリティ対策上のウイークポイントとなるだけに、IT資産管理の対象から外すわけにはいかない。

 さまざまなデバイスの中でも、IT資産管理の観点から特に優先すべき課題となっているのが、スマートデバイスの対応ではないだろうか。

 現在、スマートデバイスの利用をけん引しているのは営業系やサービス系の社員たちだ。1日の大半を社外で活動する彼らに対して、「どこにいてもメールを読める」「次の訪問先を確認できる」「在庫をリアルタイムに調べられる」といったITの仕組みを提供することで、一人一人の生産性を飛躍的に高めることができる。その意味でもスマートデバイスの活用は、社員の「新しい働き方」に直結した形で進んでいるものであり、もはやこの流れを止めることはできない。

 では、どうやってスマートデバイスの適切な管理を実現するのか。この課題の解決策を探る中で注目されているのが、MDM(Mobile Device Management:モバイルデバイス管理)と呼ばれるソリューションである。

 MDMを導入することで、スマートデバイス固有の機器情報を取得し、資産管理を実施することが可能となる。また、万一の紛失や盗難による情報漏えいに対処するため、デバイスのロックやワイプ(工場出荷状態に初期化)などの操作をリモートから実行できる機能を備えたMDM製品もある。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。