調査リポート
» 2013年09月03日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「IP-PBX」シェア(2012年)

2012年、750億円と見込まれる同市場。PBXクラウドサービス需要も拡大しつつある同市場。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 国内メーカーによる新製品投入に伴うリプレース需要や介護施設の増加といった新規需要により一定需要は維持するものの、生産年齢人口の減少や事業所数の減少、スマートフォンへのニーズ移行などの影響から市場は縮小傾向と予測される。

 市場占有率(金額ベース)を見ると、1位のベンダーが28.1%で、モバイル端末対応の強化や会議システムとの連携による販売展開の推進により、売上の拡大が見込まれる。メール・SNS・会議システムなどのデータ系の利用が増加しており、今後データ系の機能強化を図っていく方向性である。2位は23.5%で、保守切れや企業内セントレックス案件のリプレース獲得により、売上拡大が見込まれる。

 販売チャネルは、直接販売が35%で、大手企業や大規模コンタクトセンタに対する直接販売が比較的高い割合を占める。間接販売は65%で、SIerやNIer、古くから電話回線と電話機の販売をおこなっている電話設置会社などを中心とする販売パートナー経由でのビジネスが中心である。

 サーバやストレージなどのITリソースや業務アプリケーションをクラウドサービスとして利用するユーザーが増加しており、PBXにおいてもベンダーやSIerのセンタにPBXを設置し、基本的な通話系システムをサービスとして利用するPBXクラウドサービス需要も拡大しつつあるとみられる。

「IP-PBX」シェア(2012年) (出典:富士キメラ総研)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。