調査リポート
» 2013年07月09日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「PC」シェア(2013年〜3月)

2013年第1四半期、出荷台数で412万台となったPC市場。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調べによれば、2013年第1四半期(1〜3月)の国内クライアントPC出荷台数は412万台で、前年同期比4.6%減であった。

 ビジネス市場は、円安によって企業の業績の回復基調への期待が高まったことや、2014年4月にWindows XPのサポートが終了するため買い換えを早める企業が増えたことで、前年同期比9.0%増と、プラス成長を維持した。一方、家庭市場のPC出荷台数は、Windows 8の発売から1四半期たったが、出荷台数が伸びず同比20.0%減となった。

 市場占有率(出荷台数ベース)の上位5社に変動はなく、1位から順に24.3%、17.9%、13.3%、9.8%、9.6%となった。同じ順でビジネス市場での前年同期比を見ると、2.4%増、23.0%増、12.3%増、1.4%減、17.1%増と、2位、3位、5位のベンダーがビジネス市場で2桁成長を達成している。

 多くのベンダーが家庭市場で2桁のマイナス成長の中、市場占有率6位のベンダーは、キャンペーンなどが功を奏し、家庭市場で同比27.3%増と大きく伸ばした。

 PCは、タブレットやスマートフォンによって苦境に立たされているが、魅力ある製品を出せば需要を伸ばすことも可能であり、6位のベンダーのPCが出荷を伸ばした要因を探れば、他のベンダーも復活のシナリオも描けるとみられる。

「PC」シェア(2013年〜3月) (出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。