調査リポート
» 2012年05月08日 10時00分 公開

「中小企業向けERP」シェア(2011年度)シェア情報アーカイブ

「中小企業向けERP」市場は、景気後退で抑制傾向にあったパッケージのリプレースが再開された。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 アイ・ティ・アールの調べによれば、2011年度の中小企業向けERPの国内市場は出荷金額で11.2%の伸びが予測される。景気後退によってここ数年パッケージのリプレースが抑制傾向にあったが、再開するユーザーが増えた。

 2011年度の市場占有率(予測、出荷金額ベース)を見ると、2009年度から3年連続して上位3社が半数のシェアを占める。

 2010年度に引き続きオービックビジネスコンサルタントが首位を堅持し、21.2%のシェアを獲得すると見込まれる。2位には会計分野に強いミロク情報サービスが続き、18.0%とシェアを拡大して1位との差を縮めつつある。3位のOSKはパートナーからの販売が拡大しており、2010年度に続いて出荷金額を大きく伸ばし、11.4%を獲得すると予測する。

 中小企業向けERP市場は、本来SaaS型ERPの潜在力を期待できる市場であるが、提供形態別に見たSaaS型のシェアは大企業や中堅企業向けの市場に比べて低く、2%程度にとどまる。計画的に導入することで導入後は安定的に利用できるパッケージ製品に対して、それを超える大きなメリットが提示できなければ、同市場におけるSaaS型の大きく伸びやベンダー別シェアの勢力図を大きく変えることは難しいと考えられる。

「中小企業向けERP」シェア(2011年度) (出典:アイ・ティ・アール)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。