調査リポート
» 2012年02月21日 10時00分 公開

「国内テキストマイニング」シェア(2010年度)シェア情報アーカイブ

2010年度、前年比11.3%増の24億6000万円に拡大した「国内テキスト・マイニング」。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 アイ・ティ・アールの調べによれば、2010年度の国内テキストマイニング市場は、前年比11.3%増(出荷金額ベース)の24億6000万円に拡大した。企業において、従来のアンケート分析やビジネステキスト分析に加えて、FacebookやTwitterなどソーシャル・メディアの分析ニーズが徐々に高まっており、2011年度はさらなる伸びを予測する。

 2010年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、野村総合研究所が39.8%を獲得し1位だった。「TRUE TELLERシリーズ」が機能の豊富さや長年のコンサルティング・サービスの実績から堅調に売り上げを伸ばしている他、ソーシャル・メディア分析の高まりに合わせて同分野の分析BPO、コンサルティング・サービスの提供を推進し、高いシェアを維持した。

 SaaS形式で廉価にサービスを提供するプラスアルファ・コンサルティングは急速にユーザーを拡大し、17.1%を獲得して2位となった。2010年度は前年比40.0%増と高い伸びを示し、2011年度も引き続き大きく出荷金額を伸ばすものと見込まれる。

 テキストマイニング市場は企業におけるテキストデータへの分析ニーズが高まっていることから、今後も市場規模の拡大が予測される。しかしテキストマイニングへのニーズが顕著化することで、大手のソフトウェア・ベンダーやWebベンダーが市場に参入することが考えられ、市場競争は激しくなると予想される。

「国内テキストマイニング」シェア(2010年度) (出典:アイ・ティ・アール)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。