調査リポート
» 2012年01月17日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「中小企業向け仕入・在庫管理」シェア(2011年8月)

2011年8月時点のSMB(年商500億円未満の国内中堅・中小企業)の仕入・在庫管理の導入シェアでトップのベンダーは?

[キーマンズネット]

 ノークリサーチの調べによれば、2011年8月時点のSMB(年商500億円未満の国内中堅・中小企業)の仕入・在庫管理市場で、新規導入予定の製品やサービスの運用形態を導入済みの運用形態と比較すると、パッケージの採用割合そのものに大きな違いはない。ただし、導入済みと新規導入予定でパッケージの運用体制に関する意向を比較すると、「社内人員で運用」とする比率が高くなっている。

 販売管理と同様に、仕入・在庫管理のデータも営業部門やマーケティング部門、サポート部門など多くの部門がさまざまな目的で活用することが多い。データ活用ニーズを踏まえて、自社内運用を選択する場合があるものと推測される。そうした背景から、ASPやSaaS形態については導入済みと新規導入予定でいずれも1%台とサービス化が進む兆候は見られない。

 端末環境を導入済みと新規導入予定で比較すると、スマートフォンが1.4%から7.4%、タブレット端末が1.4%から5.6%と全体に占める割合はまだ少ないものの、増加の兆しが見られる。

 2011年8月時点の市場占有率(導入社数ベース)を見ると、「蔵奉行」(21/iシリーズ)を提供するOBCが10.4%を獲得し1位であった。「弥生販売」の弥生は9.0%で2位と続く。2010年と比較すると上位4社の順位が入れ替わっているが、いずれもシェアの差はごくわずかであり、4社が上位でわずかな差を争う状況が続いている。

中小企業向け仕入・在庫管理

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。